頭皮環境を良くしよう

薄毛を改善する生活習慣

生活習慣というのは疾患にも関係していますし、もちろん薄毛にも大きく関係しています。

生活習慣というと漠然としていますが、注意ポイントは睡眠、運動、正しいヘアケアの3つになります。

まず睡眠ですが、人間は眠っている間に成長ホルモンが分泌されて、体や肌、髪が受けたダメージを修復して回復させます。

睡眠時間が少なかったり不規則だったりすると、成長ホルモンの分泌量が低下するため、命に直接関わりのない髪や頭皮の修復は一番後回しになってしまいます。

これが続くとダメージが蓄積されて、髪の成長を阻害してしまうので、規則正しく十分な睡眠を取るようにしましょう。

運動は日頃はなかなかできませんが、体全体をしっかり動かさないと血行不良が引き起こされます。

特に頭の血管は他の部位よりも細いので流れが滞りやすいため、運動不足になると髪や頭皮への栄養が行き渡らなくなって薄毛になります。

毎日15分程度でいいので、軽いジョギングやウォーキング、1駅分歩くなど続けられる運動を実践して、血行が滞らないようにしてください。

正しいヘアケアというのは、髪や頭皮に汚れやスタイリング剤などが残らないようにするということです。

汚れが残ったままだと、髪や頭皮の呼吸が妨げられ、栄養も不足して髪が成長できない状態になってしまいます。

ですので、シャンプー前にはブラッシングをする、スタイリング剤は頭皮につかないようにするなど、髪と頭皮に負担がかからないようにケアをしていきましょう。

生活習慣をちょっと変えるだけでも、薄毛には効果があるので悪い習慣は改善してください。


▲ページの上部へ移動